多嚢胞性卵巣症候群サプリ

多嚢胞性卵巣症候群サプリPCOSサプリおすすめ人気ランキング最新版

「多嚢胞性卵巣症候群」は、PCOS(polycystic ovarian syndrome)とも呼ばれる排卵障害の1つで、特に若い女性が起こりやすいです。

 

症状としては、卵胞の発育が通常よりも長くなかなか排卵がされないため、卵子はそのまま卵巣の中で死んでしまいます。それが原因で、月経が非常に長くなる、月経が来ないなどの自覚症状が現れてきます。

 

また、妊娠を望んでいる人にとっては、排卵が上手く行われなくなるため妊娠しにくい体(不妊)になってしまいます。多嚢胞性卵巣症候群は不妊を招く確率が高く、約7割〜8割の女性が妊娠しにくくなります。

 

妊活をしている女性にとって多嚢胞性卵巣症候群は大敵となるため、サプリで排卵をサポートする必要があります。そこで、この記事では多嚢胞性卵巣症候群サプリ(PCOCサプリ)のおすすめをご紹介します。

 

 

多嚢胞性卵巣症候群サプリPCOSサプリおすすめ人気ランキング最新版

厚生労働省推奨の葉酸♪【ママナチュレ葉酸サプリ】

ママナチュレ

 

【1位はママナチュレ葉酸サプリ】

 

妊活をしている女性に人気なのが「ママナチュレ葉酸サプリ」で、これまでに妊活専門雑誌や、子育て応援雑誌などで頻繁に紹介されているサプリです。

 

葉酸は、赤ちゃんや妊娠中・授乳中のママさんはもちろん、妊娠を考えている妊活中の女性にとって必要不可欠な栄養成分であり、葉酸を十分に摂取することによって、赤ちゃんが健やかに成長することができるのです。

 

ママナチュレ葉酸サプリには、ビタミンB群の1つである葉酸を400μg配合しており、妊活中(400μg)の女性や、妊娠中(400μg)・授乳中(280μg)のママさんに必要な1日の摂取量が摂れるようになっています。更に、多嚢胞性卵巣症候群による不妊で悩む女性にうれしい「ピニトール」も300mg配合されています。

 

多嚢胞性卵巣症候群の原因には、女性の体内にある男性ホルモンがおおきく関係しています。インスリン抵抗性(インスリンへの反応力)が高くなることでインスリンの分泌量が増加し、それが原因となって男性ホルモンが多く分泌されます。

 

また、女性ホルモンの1つであるエストロゲン(黄体ホルモン)が異常に多くなり、もう1つの女性ホルモンであるプロゲステロン(卵胞ホルモン)とのバランスが悪くなり、卵胞が正常に発育できなくなります。これが原因で、不妊を引き起こしてしまうのです。

 

ピニトールは、男性ホルモンの分泌を抑える効果があるイノシトールの一種で、研究によってその高い効果も認められています。ママナチュレ葉酸サプリには、このピニトールがしっかりと配合されているので、多嚢胞性卵巣症候群にも効果を発揮してくれます。

 

他にも、女性ホルモンの働きをサポートする「マカが300mg」、腸内環境を整える「乳酸菌」なども配合されています。

 

初回は3980円

はじめての葉酸

【2位ははじめての葉酸】

 

「はじめての葉酸」は、「葉酸を400μg」配合しさらに多嚢胞性卵巣症候群による男性ホルモンの分泌を抑える「ピニトール」・「カイロイノシトール」の2種類の成分を配合しています。

 

ピニトールはイノシトールの一種であり、カイロイノシトールに含まれる3番目の炭素から作られます。つまり、ピニトールはカイロイノシトールの一部ということになります。

 

ピニトール・カイロイノシトールの働きによって不妊を予防できるほか、抗酸化作用もあるので老化防止にも期待できます。

 

その他にも、アミノ酸21種類、ビタミン・ミネラルが各15種類、乳酸菌、DHA・EPAなど、女性にうれしい健康&美容成分がたっぷり配合されています。
初回は3780円

注目成分ピニトール配合の栄養補助サプリ「ここる」

ここる 妊娠前から授乳後まで安心して摂取することができる沖縄発信のサプリ『ここる』には、

「葉酸」・「亜鉛」など妊活中に不足しがちな栄養成分をはじめ、
女性に嬉しい栄養素が含まれている「マカ」、近年注目をされている「ピニトール」以外にも
ポリフェノールが豊富なきび酢や16種の沖縄野菜など沖縄食材が入ってます。
定期便初回は2980円

葉酸サプリ「ベジママ」

葉酸サプリ「ベジママ」

葉酸サプリに今回は女性に嬉しいピニトール配合。
不妊の原因にアプローチします
さらに、妊娠力をしっかりサポートさせる為のマカも配合
初回は2750円

葉酸サプリベジママはこちら